TOP
46.01score

ぱらぼに

顔の筋肉がぴくぴく痙攣する方は、マグネシウム不足かもしれない

ひと昔前は、「カルシウムこそ大事ですよ」と言われていました。

ですが、現在は「カルシウムとマグネシウムのバランスこそ大事ですよ」と言われています。

カルシウム2に対して、マグネシウム1が理想的な摂取バランスだそうです。(厚生労働省の日本人の食事摂取基準によれば、成人一人一日あたりのカルシウムの栄養摂取量は約700mg、マグネシウムが栄養所要量を約300mgと定めている)

カルシウム2でマグネシウム1のバランスって、実は難しいんです。

僕は10代のころ、牛乳が大好きで毎日1リットルほど飲んでいました。

ですがそのころ、顔の筋肉がピクピクピクピクするのが小さな悩みだったんです。

原因は不明で、友達のお母さんには「カルシウム不足じゃない?」なんて言われていました。

牛乳を1日に1リットルも飲んでいるのに、カルシウム不足だとは思えません。

今思うと、あの筋肉のピクピクはマグネシウム不足だったのではないかと思います。

と言いますのも、牛乳は100gあたりカルシウムが110mg入っているのに対し、マグネシウムはわずか10mg しか入っていないんです。(数値はWikipediaより)

これは約10:1のバランスですから、2:1から大きく外れてしまいます。

牛乳は美味しいですし、とても健康的な飲み物だと思います。

ですが、牛乳が好きな方こそマグネシウムをしっかり摂取する必要があるかもしれません。

とくに、10代のころの僕のように顔の筋肉がピクピク痙攣している方は、ぜひ一度マグネシウム摂取を心掛けてみると良いかもしれません。

実際に、厚生労働省のe-ヘルスネットにもこう記載されています。

「マグネシウムが不足すると骨の形成に影響が出るほか、不整脈や虚血性心疾患、高血圧、筋肉のけいれんを引き起こします。また神経過敏や抑うつ感などが生じることもあります。」(厚生労働省のe-ヘルスネットより)

マグネシウムの大切さが改めてよくわかりますね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

ちなみに、マグネシウムはゴマやナッツ類に多いので、毎日の食事に取り入れたいですね。

.

最終更新日:2017-01-27 11:53

コメント (0)