TOP
40.63score

ぱらぼに

一生の思い出を購入した場所

初めて自分で洋服を購入したのは、中学一年生のときです。

小学校のころまでは、親が買ってくれた子供服を着ていたのですが、中学に入り初めて自分で購入したのが近所のショッピングビルでした。

そのショッピングビルは、3階が子供服売り場で、2階に大人用の洋服が売られていました。

2階に初めて降り立った時の高揚感は、大人になった今も忘れません。

「2階という空間」を歩き、ショップの店員さんたちに話しかけられるたびに、自分が大人になったような錯覚を味わうことができました。

大人になった今思い返すとどうでもいいことのようですが、あのころは「2階で服を買っている」ということが特別に思えたんです。

中学生という「子どもでありながらも大人の階段を上っているとき」だからこそ、味わえた感覚なのかもしれません。

あのとき買った洋服は、もう手元にはありません。

ですが、あのときの思い出は今でも私の中に残っています。

買い物というのは商品だけではなく「思い出」も同時に手に入れられるものなのかもしれません。

少なくとも、私にとって……あのショッピングビルでの買い物は、一生の思い出になるでしょう。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2019-03-14 21:17

コメント (0)